後藤特許日記

後藤特許日記(2021年7月)-クワガタ日記(2)-

7月に入り、ニジイロクワガタも羽化が始まりました。ニジイロクワガタはその名の通り、上羽がニジイロに輝いており、世界一美しいクワガタと言われています。原産地はオセアニアであり、オーストラリアのクイーンズランド州が有名な生息地です。しかし現在は輸入禁止となっています。平均的な寿命は半年~1年ですが、2年生きる場合もあるそうです。外国のクワガタなので日本の季節の変化には弱く、夏や冬の温度管理は要注意です。冬眠もしません。こんなにきれいだと寿命が短く飼育や繁殖も困難と思われがちですが、一回の産卵個数は多く、オオクワガタと同様に飼育が容易な部類に入ります。また、ニジイロクワガタには、単色が強く出る個体も存在します。右端の写真は緑色が強く出ています。やはり通常のニジイロが最もきれいな印象ですが、見慣れた方にとっては単色個体がとても美しく見えたりします。緑色の他に、例えば、赤色、青色、紫色、茶色、黒色などがあります。ニジイロクワガタの美しさをぜひその手に取って感じてみてはいかがでしょうか。

                                        片岡 泰明
TOP