事業内容 Service

  • 特許・実用新案

    発明の上位概念化を図り、より広い権利の確保に努めます。

    • 打ち合わせの段階から発明者様の話をしっかりお伺いすることにより、発明の本質を捉え、上位概念化を図り、より広い権利の確保を目指します。
    • 中間対応においては、クライアント様の方針を尊重し、クライアント様が希望される特許取得までの具体的な提案を行います。
  • 意匠

    製品価値・企業価値を最大限に高める提案も行います。

    • 技術力はデザインにも表れます。
      意匠(デザイン)単独の権利化に留まらず、特許(技術)や商標(ブランド)と組み合わせることによってクライアント様の製品価値・企業価値を最大限に高める提案も行っております。
  • 商標

    じっくりヒアリングさせて頂いた上で、最適な出願態様と指定商品・役務をご提案します。

    • 事業計画や今後の商品展開などをじっくりヒアリングした上で最適な出願様態と指定商品・役務をご提案しています。
    • 登録後の商標の用い方、各種媒体への表示の仕方などもアドバイス致します。
  • 調査

    弁理士自ら各種調査を行います。

    • 弁理士が出願前の先行技術調査、情報提供用の資料、無効化資料の調査を行います。
    • 特許文献だけでなく、非特許文献も含め、網羅的に調査を実施します。
    • 国内外の商標調査も豊富な実績を有しています。
  • 鑑定書作成

    他社の特許無効化や、侵害回避の可能性についてアドバイス致します。

    • 「このような証拠があれば他社特許の無効化の可能性が高まる」といったようなアドバイスを致します。
    • 鑑定書の作成と同時に、侵害回避の可能性をアドバイス致します。
  • 情報提供・異議申立・無効審判

    お客様の目的や利益をしっかりと把握し、尽力します。

    • 請求人となる際は、お客様の目的をしっかりと把握し、目的に応じた申し立てを行います。
    • 被請求人となる際は、お客様にとって有効な権利として維持されるよう尽力します。
  • 海外出願

    外国出願・権利化の経験が豊富です。

    • 各国実務に応じたクレーム及び明細書の提案、必要に応じて各国で早期権利化へ向けた提案を行います。
    • 単なる代理人のメッセンジャーではなく、技術面から独自に再検討を加えてお客様にご提案します。
  • 海外出願

    実績のある国

    • PCT出願、米国、中国、台湾、韓国、欧州特許出願の他、
      アジア:タイ、インド、マレーシア、インドネシア、香港、シンガポール、ブルネイ、イラク、イラン、ペトナム、GCC(バーレーン、クウェート、オマーン、カタール、サウジアラビア、アラブ首長国連邦)、フィリピン、バングラデシュ、ミャンマー
      欧州:ドイツ、フランス、英国、イタリア、スイス、ベルギー、デンマーク、オランダ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ロシア
      その他:カナダ、アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、オーストラリア、エジプト、トリニダードトバゴ

専門分野 Specialty

後藤特許事務所は、化学分野をベースに発明を捉えることを得意としております。
さらに、化学をベースとすることで、「化学と構造」などの
複合技術への実績も持ち合わせております。

図:専門分野
  • 基礎化学品

    有機合成/高分子化学/プラスチックス/化学工学/生物化学/界面活性剤/触媒/有機化成品
  • 複合素材構造物

    塗料/溶剤/接着剤/粘着剤/フィルム/ラベル/繊維(天然繊維・合成繊維)/不織布/有機材料/無機材料/電池/ゴム/エラストマー/金属/合金/印刷技術/光学製品(レンズ等)/半導体デバイス/ナノ粒子/建築材料/建築工具
  • ライフサイエンス

    医薬品(外用剤・内服薬)/農薬/忌避剤/化粧品/香料/バイオテクノロジー(植物・微生物)/食品(調味料・飲料・矯味剤)/機能性食品素材/食品添加物
TOP