出願の流れ Procedure

国内外を問わず、特許出願に関するあらゆる場面をサポートいたします。

国内での特許出願の流れ

  1. 明細書作成

    図:クライアント様 弁理士→明細書

    国内出願明細書作成

    明細書は発明の特徴が審査官・審判官・裁判官に正確に伝わるものでなければなりません。そのため、明細書作成担当者が正確に発明を理解している必要があり、弊所はそのためにお客様とのコミュニケーションには重点を置いて丁寧に行っております。
    • 打ち合わせの段階で発明者の話をしっかりと聞くことで発明の本質を捉え、発明の上位概念化を図り、より広い権利の確保に努めます。
    • 発明の本質に基づいた具体的な中位概念の提案、予想の範囲内外の引用文献と区別可能な限定事項の提案を行います。
    • 争いが複雑化する案件は記載要件が不充分な案件が多い傾向があります。弊所では権利化後の無用な紛争を防止する明細書作成を行います。
    • 強い権利、広い権利の確保のためのデータ取得方法のアドバイスをします。
  2. 出願

  3. 審査請求

  4. 拒絶理由通知

    意見書 弁理士

    国内中間処理

    その場しのぎの対応ではなく、クライアント様が希望される特許取得までの具体的な提案を行います。まず補正が必要か、そして補正が必要な場合は最低限の補正に留め、意見書での内容を充実させます。
  5. 特許査定

海外での特許出願の流れ

  1. 外国明細書案作成

    英語明細書 技術担当者

    外国明細書検討

    英文明細書は技術担当者自らが確認します。そして各国実務に応じたクレーム及び明細書の提案を行います。また、必要に応じて各国で早期権利化を図るための提案を行います。
  2. 外国出願

  3. オフィスアクション

    技術内容理解 最新の現地プラクティス

    外国中間処理

    ・単なる現地代理人のメッセンジャーではありません。弊所は現地代理人の見解の妥当性を評価するとともに、技術面から独自に再検討を加えてお客様にご提案します。

    ・現地代理人の強みである最新の現地プラクティスと、弊所の強みである技術内容の理解によって相乗効果が生まれ、早期の権利化につなげます。

  4. 特許査定

TOP